カテゴリ:照明( 5 )


2005年 07月 24日

Elio Martinelli:Serpente

e0002298_2351977.jpg

◆メーカー:Martinelli Luce(イタリア)
◆発表:1956
◆デザイン:Elio Martinelli
◆購入価格:¥50,000


マルチネッリのセルペンテ、テーブルランプです。「セルペンテ=蛇」の意の通り、蛇が鎌首をもたげたようなシルエットです。雑誌のおサレなお部屋紹介、とかでフロアタイプを見かけることは多いですが、ややマイナーな”小さい”方です(笑)。シェードの大きさが直径500mmと大きい割に、中身は普通の電球1つだけ、というような日本で考えたら絶対にあり得なさそうな大仰なデザインが、割り切った感じで良いですね。
[PR]

by 20th | 2005-07-24 23:54 | 照明
2005年 07月 24日

Verner Panton:Panthella

e0002298_23461775.jpg

◆メーカー:Louis Poulsen(デンマーク)
◆発表:1970
◆デザイン:Verner Panton
◆購入価格:¥45,000


前々から欲しいと思いつつ、なかなか手が出ずじまいだったのが、オークションで安目に出ていて思わず購入したものです。その少し前に、次に紹介している「セルペンテ」を手にしていたので、似たような色みの照明が2つになってしまいました。縦長なために写真を撮るのが難しくてイマイチですね~。スペースエイジな雰囲気プンプンです。
よくある事なのですが、実際に品物が届いたら思っていたより大きくてビックリ。その為、なかなか置き所が定まりませんでした。もう一つフロアランプを買うとしたら、フランク・ロイド・ライトの「タリアセン2」ですが、いつになるやら分かりません‥
[PR]

by 20th | 2005-07-24 23:50 | 照明
2005年 07月 07日

Isamu Noguchi:AKARI 26N

e0002298_14374625.jpg

◆メーカー:オゼキ(日本)
◆発表:1952~
◆デザイン:Isamu Noguchi
◆購入価格:¥3,000


すこし大きめのイサム・ノグチ「あかり」です。オークションで未使用品が安く出てたので購入しました。もう一つ別に「あかり」があるのですが、どちらも洋モノが多い僕の部屋でも自然に馴染んでます。逆に和室とかだとコテコテな感じになりそうなので、いいのかも。柔らかいひかりが優しくて和み系アイテムですね。夜必要な明るさを得る、というよりは僕は、やや暗めの20ワットの電球を使用して「雰囲気」を楽しんでます。
[PR]

by 20th | 2005-07-07 14:41 | 照明
2005年 06月 27日

Verner Panton:Moon Lamp

e0002298_5103392.jpg

◆メーカー:Vitra(ドイツ)
◆発表:1963
◆デザイン:Verner Panton
◆購入価格:¥56,000


パントンのムーンランプ(復刻版)です。オリジナルはルイスポールセン社から出ていました。
一目惚れして3年くらい前に購入しました。まさに月光の如く、美しい陰影を創り出します。
10個のスチール製のリングから成っていて、いろいろに光の漏れ具合を調節する事が出来ますが、パントンの意思を汲むならば、写真のように光源を直接目に触れさせないようにするのが正しいでしょう。
実際には結構手間が掛かります。ホコリとかをリング1枚1枚掃ってやらないといけないので。それでも、置いておきたいと思わせてくれるプロダクトです。かなりお気に入り。
[PR]

by 20th | 2005-06-27 01:09 | 照明
2005年 06月 26日

Verner Panton:Flower Pot Lamp

e0002298_1454086.jpg

◆メーカー:Louis Poulsen(デンマーク)
◆発表:1968
◆デザイン:Verner Panton
◆購入価格:¥20,000

パントンの照明です。見た目から、名前はフラワーポット。68年に世に出た当時は大ヒットした商品。僕が持っているのはオレンジのホーロー製で、半円をふたつ向かい合わせたデザイン。これにより、光源を直接目にする事がありません。また、大きな半円の内側は白にペイント、小さな半円の内側はそのままオレンジにペイントされています。自然光に近い色合いを考えた結果、このような塗り分けとなったらしいです。PHランプで有名なポール・ヘニングセンの考え方の影響を受けたと言われます。ちなみにクロムカラーのものは中のペイントがオレンジ→レッドになります。カラーも多くの種類があり、また径の大きなビッグフラワーポットやスタンドタイプなど、バリエーションも豊富です。現行品はユニーク・インテリア・コペンハーゲン社製のものが、今でも手に入ります。
僕は現在、台所で使用しているのですが、最大でも75ワットまでしか対応してなくて正直暗いです。でも我慢です。
[PR]

by 20th | 2005-06-26 14:54 | 照明